正月   

明けましておめでとうございます。
旧年中はこのくだらないblogを読んで頂きありがとうございました。
今年も懲りずにお付き合いお願いします。

正月は家内は家内の実家へ、筆者は筆者の実家へ行き
すき焼きをする事が恒例となっている

母が「歌番組見たらこればっかりやな」と
小島よしおの そんなの関係ねぇ を真似しながら言うので

「え、小島よしお?」と聞くと、誰なのかわからないみたいで

「小島よしお、言うんか、こうやるやん」と、右手を握り、股関節から下へ上下させ
そんなの関係ねぇの動きをするので

「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ」と合わせて言ってやったら

「何それ!」と、間違っている空気を出すがどう見ても小島よしおなのだ

どうでも良い、と思いながらすき焼きを食べながらわかった

ISSAの「USA」の事だったのだ
甥っ子が「手が違うやん」と教えていた

24歳の甥っ子が急に「マッサージしたろか」と
何も頼んでいないのに自発的にしかも40分間もしてくれた
こちらが「しんどくないか?」と気を使うぐらい足のつま先から頭までしてくれた

何故マッサージしてくれるのかと聞いたら
「おっちゃんが好きやからするねん、嫌な人やったらせん」と言ってくれた
なんとありがたい言葉だと思った

もうとっくにお年玉などあげていないのに

昔から正月も関係なく仕事はあるが
それでも正月は良い、さ、大晦日の録画を見る事にしよ

あいつが加わった   

クリスマスイブだったけどスタジオ!
もう我々にサンタは来ないし、サンタにもなれやしないのだ

いつも東君と二人でスタジオで遊んでいるのだが
今日はユージと言うベースが参加した
DSC_0001.jpg

ユージとは17年ほど前に「The Pinons」というパンクバンドを一緒にやっていた
筆者はギターでユージがベースを弾きながら歌を担当していた
格好だけのパンクやロッカーは筆者を含め、あちこちで散見できるが
こやつほど良くも悪くも「ロック」な奴はそういない

昔、ライブのリハーサルでこんな事があった
「ベースの下の弦(細い弦)がチューニングくるっていると思いますよ」と
対バンのベーシストから教えてもらった時、無視しているので
「ユージ、教えてくれてるで」と言ったら

「上の2本しか使うかいや!」

と、言い放ったのだ
筆者は「すいませんね、ユージ!そんな言い方あるかいや!」と一喝する始末だった

客に向かって叫んだ言葉とか、とてもここでは書けない

自主制作でCDを作り、ラジオで流れたのがバンドの絶頂期だった

それから音楽から離れたがよく何時間もゲームを一緒にやったり
たまにファミレスでだべったりして今日に至った

とんでもない奴ではあるが、優しく良い男であるので
6歳年下だが、かれこれ20年以上付き合いが続いてる

そんなユージがスタジオに入り腕が吊るほどギターを弾いた

夜は東君とクリスマスやからと
居酒屋で手羽先、皮、ズリ・・・鳥関係を食べた♪

鳥は見ても良いし、食っても良い

年内最終バードウォッチング  

雨でなかなか所長と行けなかったバードウォッチングにやっと行けた♪
ドラマー東君の親父さんから頂いたカメラにフードを付け準備万端
まだまだ使い方知らずだが、所長という説明書がいる!

「設定をAにしておいたで」
「Aってどう言う意味?」
「Aはあれやん、ほら・・・ええからAやん」

まったく頼りになる!

いきなりエナガ軍団の歓迎
エナガ1

さすがは一眼レフ、こんなにくっきり撮れた事が一度もなかった

いつものジョウビダキもいた、前と同じ個体なのだろう
ジョウビダキず

コゲラにビンズイ、映画「ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して」に
珍しい鳥として登場するカワラヒワ
コゲラ1

ビンズイ

kawarahiwa.jpg

起動が早く、シャッターも早い
伸びたり縮んだり、このカメラ面白れぇ~

布だと思ってレンズ拭いたら雑巾だった
「それ雑巾やん!」って突っ込む所長はボロボロのティッシュで拭いていた

多分、天国にいる東君の親父さん、ありがとう♪

皆、アントニオ猪木になる   

3週間前、歯の詰め物がポロリと取れ、歯医者へ行った

痛みもしみる事もなく、ごく簡単な治療だった

もやしみたいにひょろひょろの歯医者さんは見かけも口調も弱々しく
とても痛い事をするように思えないので気軽に行きやすく数年前から通っている

詰めてもらった白い物がまた先週に取れた

当然、行きやすいもやしみたいな歯医者へ行ってまた詰めてもらった

ところがまた先日取れた・・・

さすがに面倒くさくなる

向こうも「またか!」と思うかもしれないし、こっちも「またか!」と思っている

でも気を使いながら行った
痛くもかゆくもない治療はいろんな事を考える余裕がある

このもやしみたいな先生は回転すしは何皿食べるのだろう、とか
涙流して笑ったのはいつなんだろう、あだ名は?
絶対歯科衛生士から陰でもやしとか言われているに違いないとか

口をあ~んと開けて背もたれを倒された状態でいろんな事を考えていたら
笑いがこみあげてきた

「あかん、あかん」と思いながらも
口を大きく開けた状態で両目をふさぐようにタオルを置かれているので
声さえ出さなければ笑った顔も全くわからないのだ

読者の方も今やってみればわかるはずだ
口を大きく開けて両目タオル、全力で笑った顔しても何らわかりはしない

筆者はこれ幸いにと声は出さず顔面いっぱいに笑った

これが油断の始まりだった

声は出さずとも、咳みたいにむせた感じの吹き出しを抑える事ができなかった

「大丈夫ですかぁ?」と優しく先生が手を止めて言う

何も面白いセリフでもないのに更に笑いが込み上げる

「一度うがいしましょうか?」とタオルを外され、同時に背もたれが上がる

全力で笑った顔を見られると変に思われるので
笑っている顔をごまかそうとしたらアントニオ猪木になるのがわかった

法則を発見!

「笑っている顔をごまかそうとするとアントニオ猪木になる」法則だ

ひとつ勉強になったね、なるかーっ!

夜はルミナリエへ行ってきた
平成最後と言うことで、これまでで一番豪華だとラジオで聞いた
本当に鮮やかで豪華でラーメンがとても美味しかった

ドラムの東君の親父さんから頂いたカメラで撮影
友人の弟さんのグレッチ6120で「きよしこの夜」

エリック・クラプトン~12小節の人生

ギターの神様と呼ばれるエリック・クラプトンの映画を見てきた
子供が亡くなると言う悲劇は胸を打たれる
そこからの復活は圧巻だった
673-2129_eKD_extralarge.jpg

複雑な生い立ちも裕福で良かったと思う、ドラッグや酒に溺れるのは自業自得!

自分勝手な評価では100点!500満点中・・・

数日前にBSで「メイド地獄」というドキュメンタリー番組を見た後だったし
ちょっと前にボヘミアン見たし、個人的には可もなく不可もなくだった
ファンの気分を損ねてしまいそうだが途中眠気と戦った
そういう自分もファンの1人なのだ、それとこれとは別である
ファンと言えば、ビートルズも大好きでジョージハリソンのファンでもあるが
そのジョージの奥さんと不倫仲になっていく過程ではジョージが少し間抜けに見えてしまう
演奏シーンではクリーム時代のドラム、ジンジャーベイカーが格好いい

話しは筆者の食に変わるが
大きな鍋でおでんを作れば3回おでんが続く
夜、昼、夜または昼、夜、昼という具合だ
そしておでんの具が無くなれば残った汁を利用してカレーライスになるパターンが多い
カレーライスも多めに作るので3回は続く

12小節の人生ならぬ、3拍子の食生活だ

そんな奴の映画評論など信用しなくて良いのである