デリカシー   

2年ほど前からふくらはぎの肉離れをきっかけに今でも時々スーパー銭湯へ時々行く
様々な人がいるので、ごく稀に小さな変な事がある、いや、変な奴がいる

先日は同じ日に2度あった
いつも先に体と頭を洗ってから湯舟に行くのだが
頭を洗っていると風呂場とは縁遠い悪臭が襲ってきた
すぐにこれはオナラだとわかった
その日は夕方4時頃に行ったので人もまばらで、体を洗う所には筆者を含めて
4人ほどしかいなかった、当然間隔を空けて座るので横はかなり遠い位置に人がいる
極めて疑わしいのは後ろのジジィだ、間違いない
だが、屁の犯人だと決定したとこで注意する事でもなければ文句言う事でもない、何も悪くないのだ
何も悪くないのだが、こちらは相当迷惑だ  
風呂場は風が吹く事がなく、悪臭は体の周りを漂っている
口で息をフーッと吐いて屁をおっぱらい、呼吸をしてもまだ屁の匂い
2回繰り返し、これはダメだと悟り、シャワーでまるで体に付いたかのように流すと
水流から出るかすかな風で屁が移動するのが見えた、ような気がした

「これだ!」と思い
シャワーを頭を流すふりをして見えない屁に「爺さんの所へ帰れ」と言わんばかりに後ろへ飛ばした
シャワーは爺さんへ少し当たったらしく、爺さんはジロっとこっちを振り向いた
1秒ほど目が合ったがシャワーが当たった事に対して「すいません」とも言わなかった
むしろ「この屁こきジジィ」と思っていた

ミストサウナから出て露天風呂のある所に涼むために座っていると
40代半ばぐらいの男から「あそこに入ってなかった?」と
1人だけ入れる石窯風呂を指さして聞いてきたので「いえ」と答えたが
「どうですか・・・」と何かあったような口ぶりだったので「どうかしました?」と尋ねると
「タオルが盗まれた」と言う
筆者は「あ~誰か間違えて持って行ったんでしょうね」と盗まれたという部分を訂正しておいたのだが
違う人にも「あそこに入ってました? ・・・盗まれたんです」と言っていた

困っているにしても、失礼な奴だなと、その場を去りたかったが
今、去ると「もしかしてあいつか!?」と思われそうなので、もうすでに寒かったが
涼しい顔で座り続けた

こんな寒い思いするのも全部あいつのせいだ、とあちこち歩き回っている
デリカシーのない奴を見た

そう思ってみるとなるほど腹もケツも股間もでろんでろんで
デリカシーが無いように見えてきた

自分も気を付けなければと腹の肉を摘まむのであった。。。

コメント

非公開コメント