サッカーな1日  

日曜はサッカーの試合だった 
今年に入って3回ぎっくり腰を患い思い切ってプレーするのが怖く
致命的な怪我をしないようにと控え気味にサッカーをした、いや、せざるを得なかった
行く前にも家内に否定的な事を散々言われ、テーピングで血流が止まるほど足首をぐるぐる巻きにした
51歳の集い、他の人も似たような事なのだろう

天候が良く、2月にしては暖かく綺麗な芝生でプレーするのは気持ち良かった
久しぶりに再会した同じサッカー部の同級生、相手チームに後輩がいたり
いつも参加する度に感慨深いものがある

試合内容はとにかく怪我しないように、が筆者の目標だった
足首に違和感を感じると途中で交代してもらった
不完全燃焼となったが、また万全な時にできる事もあるだろう

その夜、栄養補給をと焼き牡蠣を食べた
牡蠣

疲労した体に染みる
突然、何度か爆発した
老眼鏡のおかげで目は助かったが、服やズボンは汁まみれ
蒸し牡蠣とは違い、結構早い段階で殻を外さなければ爆発して危険なのだ
店員、早く言ってくれ、もう3度被爆している

こんな事もひっくるめて怪我無く良い一日だったな、と風呂に浸かりながら思うのでした

コメント

非公開コメント