こんな夜更けにバナナかよ を観て         

毎年正月気分をいつまでも引っ張りながら仕事をするのだが
昨日早朝から客にゲロを吐かれ、昼前に便を漏らされ正月気分など一瞬で吹き飛び
現実以下地獄未満に戻った
こんな奇跡のような出来事が午前中に重なるのは初めての事だ

小さな奇跡なら先日にもあった
柿の種の小袋を開けた瞬間パラパラとリビングにこぼれ落ちた
「あ~」と拾おうと見れば、なんとピーナッツのみ4粒落ちていた
小袋に入った柿の種とピーナッツの比率は圧倒的に柿の種が多いのに
偶然ピーナッツだけが4粒落ちるとは・・・
そんな事を思いながら、拾って食べた

消しゴムが机から落ちて偶然立ったり
ペットボトルが落ちて立ったり
ありえない動きと結末を見ると「ジャッキーチェンや!」と喜んだ

そういえば3週間前、遠く離れた行ったことがない
コンビニで昔よくお世話になった人にばったり再開した

これは宝くじでも当たるのではなかろうかと
思ったのだが、買わずして当たるわけがない

さておき、映画「こんな夜更けにバナナかよ」を観てきた
夜更け

趣味ではないが、家内が夫婦割りで安く観れると言うし
ちょっとトラブルがあった後だったので気を使っているのだろうかと
こちらも気を使い行ってきた

全く感動できなかった事に不安を感じた
忙しい合間をぬって集うボランティアが理解できず内容に入れなかった
心が汚れ過ぎているせいなのだろうか
何故あんな事が怒らずできるのか、共感できず不思議で仕方なかった
自分が酷い人間だと落ち込むぐらい映画は別方向へ行って終わる

家内も全く同じ感想を言っていた

ここで安心して良いのか、もっと落ち込まなくてはならないのか、複雑なところだ

コメント

非公開コメント