皆、アントニオ猪木になる   

3週間前、歯の詰め物がポロリと取れ、歯医者へ行った

痛みもしみる事もなく、ごく簡単な治療だった

もやしみたいにひょろひょろの歯医者さんは見かけも口調も弱々しく
とても痛い事をするように思えないので気軽に行きやすく数年前から通っている

詰めてもらった白い物がまた先週に取れた

当然、行きやすいもやしみたいな歯医者へ行ってまた詰めてもらった

ところがまた先日取れた・・・

さすがに面倒くさくなる

向こうも「またか!」と思うかもしれないし、こっちも「またか!」と思っている

でも気を使いながら行った
痛くもかゆくもない治療はいろんな事を考える余裕がある

このもやしみたいな先生は回転すしは何皿食べるのだろう、とか
涙流して笑ったのはいつなんだろう、あだ名は?
絶対歯科衛生士から陰でもやしとか言われているに違いないとか

口をあ~んと開けて背もたれを倒された状態でいろんな事を考えていたら
笑いがこみあげてきた

「あかん、あかん」と思いながらも
口を大きく開けた状態で両目をふさぐようにタオルを置かれているので
声さえ出さなければ笑った顔も全くわからないのだ

読者の方も今やってみればわかるはずだ
口を大きく開けて両目タオル、全力で笑った顔しても何らわかりはしない

筆者はこれ幸いにと声は出さず顔面いっぱいに笑った

これが油断の始まりだった

声は出さずとも、咳みたいにむせた感じの吹き出しを抑える事ができなかった

「大丈夫ですかぁ?」と優しく先生が手を止めて言う

何も面白いセリフでもないのに更に笑いが込み上げる

「一度うがいしましょうか?」とタオルを外され、同時に背もたれが上がる

全力で笑った顔を見られると変に思われるので
笑っている顔をごまかそうとしたらアントニオ猪木になるのがわかった

法則を発見!

「笑っている顔をごまかそうとするとアントニオ猪木になる」法則だ

ひとつ勉強になったね、なるかーっ!

夜はルミナリエへ行ってきた
平成最後と言うことで、これまでで一番豪華だとラジオで聞いた
本当に鮮やかで豪華でラーメンがとても美味しかった

ドラムの東君の親父さんから頂いたカメラで撮影
友人の弟さんのグレッチ6120で「きよしこの夜」

コメント

非公開コメント