八咫烏(ヤタガラス)とサッカー日本代表

ワールドカップ日本代表のシンボルマークでもある八咫烏(ヤタガラス)
なんと難しい漢字か、天皇が熊野から大和に進入しようとして山中で道に迷ったとき,アマテラスオオミカミが
八咫烏を使わせて天皇の軍を山中から導き出したとされる。

yatagarasu.jpg

太陽の化身でもあるらしい、とウィキペディアで調べた。
言っておくが筆者が知るわけがない、脳みそはツルンツルンである。
なぜ、サッカー日本代表のシンボルにされているかと言うと、これもウィキペディアからだが
天武天皇が熊野に通って蹴鞠をよくしたことにちなみ、よくボールをゴールに導くようにとの願いが込められているそうだ
今も熊野三山で必勝祈願を行っている。
コロンビアに勝ったのも、何だかんだと言っても八咫烏のパワーなのか!?それなら
「ヤタガラス半端ないって!」と言うことになる。
セネガル戦も威力を発揮してほしい

コメント

非公開コメント