セミとり

朝からセミがシャンシャンと鳴り響き、外に出るのも嫌になるのが普通なのだが
ラジオ体操が終わる頃を見計らって近所の公園をぶらついてみた。

案の定、セミだらけ・・・

子供の頃、よくセミを捕ったのを覚えている
虫かごいっぱいに入れて、翌日ほとんど死ぬの繰り返し
残酷な事を平気でやっていたと思う。

自分の子供が小さい時、セミ捕りを体験させたが、残酷な思い出にならないよう、セミは全部開放した。
クワガタ虫も捕ってきては3日~1週間経ったら元へ開放するを繰り返した。
子供はどう感じたかわからないが、自分なりに教育の一環としてやってきた。

そんな事を思い出しながら、セミを写真に撮ってみた。
アブラゼミとクマゼミ
DSCF2524.jpg

DSCF2525.jpg

写真に撮ると何となく仕留めた、と言おうか捕ったと言おうか
何となくゲット感がある。

ポケモンゴーはやったことがないけど、こんな感じなのだろうか
それならさぞや面白いだろう、しかし実写版であるカメラの方が面白いのは言うまでもない。

捕る、と撮る、言葉だけが似て非なるものなのだが
虫かごに収める事とカメラに収める事では全く非なるものでもなさろうだ。

傷付ける事のない虫捕りも面白い
デジカメでいくらでも撮り放題の昨今
昔、フィルムを現像に出していた時代では到底できなかっただろうなぁ

コメント

非公開コメント