六甲山系のソウシチョウ

先日、六甲山系へ友人と探鳥に出掛けた際、ソウシチョウがあちこちにいた。
最初に発見したときは鮮やかな色で感激もしたのだが、ちょくちょく目にするとありがたみと言うか値打ちと言おうか、プレミアム感が薄れるのである。

DSC00578.jpg

鳴き声は鮮やかな見た目よりはかなり劣り、人間で言う「喋らない方が良い」タイプの鳥だ。
中国発の外来種であり、大食で巣を作る場所がウグイスとオオルリと競合するのでやがて駆逐されるのではないかと危惧さえされている。
なんとも中国らしい鳥ではないか、ただし鳥に罪はない、ブラックバスとて同じだ。
一部の人間の都合で減らせ、増やせとコントロールしているが、やがて人間は地球に減らすようにコントロールされるのであろう

コメント

非公開コメント