かみかみ     

ちょくちょくベースのユージの家へ休日が合えば音合わせに
10~11時ぐらいに外へ出なくていいように弁当や飲み物等を持って行く
アコースティックギターを置きっぱなしにしているのでギターを持って行く必要はない
ベースとギターで音を合わせる事約30~40分
「息抜きしょか」「ちょっとやるか~」とプレイステーション4の電源を入れるとゲームを夜7時過ぎまでやる事になる
弁当も食べながらゲームをする有様だ
ダンプ業界用語で弁当食べながら仕事をする事を「かみかみ」と言う


「今日もあまりできんかったな、アハハハハ」が毎回である

30分ちょっと楽器触っただけ

後7時間以上ゲーム・・・

こんな事ではダメだ、と思いながらもコントローラーを忘れずに持って行く自分がいる

やるゲームはいつも「地球防衛」というアホみたいなタイトルのゲームだがこれが面白い
スタジオの休憩所でドラムの東君に熱心に語り、二人で引きずり込もうとしている

そう「かみかみの世界」へ

先日粉雪が舞う山へ探鳥へ行ってきた
探鳥友人所長にカメラ技術が遅れてはならぬとあれこれいじり倒して撮ったら
ほとんどが真っ黒に近い写真になってしまった

数枚のみが見れる状態で残念な結果だが
山を歩くだけでも気持ち良いし、鳥はよく見れた
帰りの王将は美味い
20190124再度山

NECK LOWGAN 始動  

新たにNECK LOWGAN(ネック・ロウガン)というバンドを組んだ
メンバーはドラムの東君、ベースのユージ、ギターは筆者ヒグチ
NECK LOWGAN main

このバンド、歌は無い。インストゥルメンタルなのだ
多くの人が知る映画やドラマに使われた曲をやりつつ
オリジナルをやっていこうと思っている

先日、スタジオで一発撮り
笑って腹筋が吊るわ、手が震えるわ
録音している、と言う何とも言えない「笑ってはいけない」みたいな空気が余計に笑える
時間もなく、満足な録音ではないが、とにかく楽しかった
今後とも NECK LOWGAN をよろしくです♪

餅って素晴らしい      

正月からほぼ毎日、餅を食べている
美味しくて腹持ちが良く、パワーが出て、しかも長時間持続する、ような気がする
実際はわからないが、そんな気がする事が重要なのだ
餅が入ったうどんを「ちからうどん」と言うがごとく
多分、パン等に比べると運動エネルギーに変化する量が圧倒的に違うのだろう

このピザも生地は餅だ
DSCF3067.jpg

チーズが伸びているのか餅が伸びているのかわからないが
焼きたてはよく伸びる

雑煮を食べる時、餅を口でくわえてびよ~んと伸ばしておいて
その伸びた部分を汁に浸して食べると行儀悪いが美味しい
「美味しい」の為に行儀など捨ててしまえ

プリンを食べる時、歯の隙間からニリニリと出すのはただ行儀が悪いだけだ
それとは大違いなのだ

伸びる、で思い出した男子小便の話しだが

子供の頃、小便をする時、パンツのゴムの部分を下にずらして用を足す人がほとんどだと思う

小学生になってもズボンのチャックをおろし、パンツのゴムを親指で引っ掛ける等しておろして用を足す

徐々に大人になるにつれてパンツに付いている窓を使う人が増えてくるのではないかと思う
これは友人等に聞いた事もないので想像だが、半分ぐらいの人は窓派なのではなかろうか

しかし、大人になっても窓を使わずゴムおろし派の人も結構いると思う、いや、いて欲しい、自分がそうだから

冬場、バイクに乗るときはズボンを2枚重ねて履き、上着も5枚ぐらい着る
先日、新年会の待ち合わせまで少し時間があるからと
ハンズのトイレで用を足しておこうと小便器の前に立ち
ズボンのチャックをおろし、パンツの引っ張り下げようとしたのだが
何枚も着て圧力が掛かっているのか全然下りてこないので
グッと掴み、ギューっとズボンのチャックから強引に引っ張りだしたら、まさかのTシャツだった

さすがに吹き出し笑ってしまった時、鼻水が唇に飛んでいるのがわかったが
両手塞がりで拭けない、慌てずTシャツをしまい、用を足して、手を洗い
ジャンパーをめくりあげ、インナーの長袖で鼻を拭いた
洗った手でめくりあげたジャンパーの袖は濡れていたけど気にしない

何事もなかったように新年会で飲んで食べて、夜からスタジオで燃え尽きたのでした

初バードウォッチング     

先週からぎっくり腰ぎみだったのでスーパー銭湯へ行き、腰の為にと
電気風呂に座り続けた結果・・・悪化
ジャグジーを腰に当て続けた結果・・・悪化

歩くのもゆっくりしか歩けない状態だが
良い天気に我慢できずカメラを持って近くの公園へ行った

行って良かった♪
20190114.jpg

マヒワ、ツグミ、ジョウビダキ♀、メジロ、カワラヒワ、シジュウカラ・・・
たくさん見れた♪

不思議なほどメジロだらけだった
DSC_0007.jpg
DSC_0005.jpg

今年もたくさんの野鳥と出会いカメラに収めたい
先祖が恐竜とは思えない「鳥」
遠い昔、地球を支配していた恐竜が頭の上を飛んでいるのだ
彼らを侮るなかれ、人生のほとんどを飛行し続けるアマツバメは
連続飛行10ヵ月に及ぶ
人間の6倍以上の視力、猛禽類は8倍、インコは4倍、視野は330度
可愛いだけじゃなく知れば知るほど能力がえげつない
そういう意味で鳥人間になりたい

こんな夜更けにバナナかよ を観て         

毎年正月気分をいつまでも引っ張りながら仕事をするのだが
昨日早朝から客にゲロを吐かれ、昼前に便を漏らされ正月気分など一瞬で吹き飛び
現実以下地獄未満に戻った
こんな奇跡のような出来事が午前中に重なるのは初めての事だ

小さな奇跡なら先日にもあった
柿の種の小袋を開けた瞬間パラパラとリビングにこぼれ落ちた
「あ~」と拾おうと見れば、なんとピーナッツのみ4粒落ちていた
小袋に入った柿の種とピーナッツの比率は圧倒的に柿の種が多いのに
偶然ピーナッツだけが4粒落ちるとは・・・
そんな事を思いながら、拾って食べた

消しゴムが机から落ちて偶然立ったり
ペットボトルが落ちて立ったり
ありえない動きと結末を見ると「ジャッキーチェンや!」と喜んだ

そういえば3週間前、遠く離れた行ったことがない
コンビニで昔よくお世話になった人にばったり再開した

これは宝くじでも当たるのではなかろうかと
思ったのだが、買わずして当たるわけがない

さておき、映画「こんな夜更けにバナナかよ」を観てきた
夜更け

趣味ではないが、家内が夫婦割りで安く観れると言うし
ちょっとトラブルがあった後だったので気を使っているのだろうかと
こちらも気を使い行ってきた

全く感動できなかった事に不安を感じた
忙しい合間をぬって集うボランティアが理解できず内容に入れなかった
心が汚れ過ぎているせいなのだろうか
何故あんな事が怒らずできるのか、共感できず不思議で仕方なかった
自分が酷い人間だと落ち込むぐらい映画は別方向へ行って終わる

家内も全く同じ感想を言っていた

ここで安心して良いのか、もっと落ち込まなくてはならないのか、複雑なところだ

正月   

明けましておめでとうございます。
旧年中はこのくだらないblogを読んで頂きありがとうございました。
今年も懲りずにお付き合いお願いします。

正月は家内は家内の実家へ、筆者は筆者の実家へ行き
すき焼きをする事が恒例となっている

母が「歌番組見たらこればっかりやな」と
小島よしおの そんなの関係ねぇ を真似しながら言うので

「え、小島よしお?」と聞くと、誰なのかわからないみたいで

「小島よしお、言うんか、こうやるやん」と、右手を握り、股関節から下へ上下させ
そんなの関係ねぇの動きをするので

「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ」と合わせて言ってやったら

「何それ!」と、間違っている空気を出すがどう見ても小島よしおなのだ

どうでも良い、と思いながらすき焼きを食べながらわかった

ISSAの「USA」の事だったのだ
甥っ子が「手が違うやん」と教えていた

24歳の甥っ子が急に「マッサージしたろか」と
何も頼んでいないのに自発的にしかも40分間もしてくれた
こちらが「しんどくないか?」と気を使うぐらい足のつま先から頭までしてくれた

何故マッサージしてくれるのかと聞いたら
「おっちゃんが好きやからするねん、嫌な人やったらせん」と言ってくれた
なんとありがたい言葉だと思った

もうとっくにお年玉などあげていないのに

昔から正月も関係なく仕事はあるが
それでも正月は良い、さ、大晦日の録画を見る事にしよ