足首までの思いやり   

もうすぐ12月、昼は暖かくても仕事から帰宅する深夜になればそれなりに冷えている

夏場ならシャワーだけで十分だが、最近はバイクで冷えた体を湯舟に浸けたいと思う。
昨夜も、その前も、そのまた前も、先週も、そう思いながら風呂のふたを開けてみると

湯は足首までしかない・・・

せめて、最低限でもふくらはぎの下部ぐらいは欲しい

追い足せば良いではないか、と思うだろうが
想像してもらいたい、毎回、毎回、風呂のふたを開けたら足首までしかないのだ

我が家の風呂は魔法瓶のようになっており冷めにくい仕組みになっているので
湯は十分暖かいのだが、いかんせん足首・・・
有馬温泉に足湯なるものがあったが、それよりも低い気がする
かさが低いので追い炊きもできやしない

湯を足せば済む問題なので足せば良いのだが
最初に出てくる冷たい水で一気に冷めてしまう気がするので
とりあえず寝転がるように入ってみる

冷える丑三つ時に風呂場で情けなくなる

煮魚のように落しぶたをして煮ればちょうど良いのかもしれないが
おっさんだし、一家の大黒貝柱(アサリ)でもある

妻に言えば「湯を足したらええやん」と言うに決まっている

この釈然としない気持ちを言葉でどう伝えれば良いのか非常に難しい

二人の子供が仕事の都合で家を出て、妻と二人暮らしで5か月になろうとしている
平和に暮らしている

平和にもいろいろある

戦って勝ち取る平和、我慢して争いを避け続ける平和
無関心で閉ざされた平和・・・

相手も同様に何かしら我慢と妥協をしているはずだと思っている
いや、思うようにしている

考え方をプラスに変えてみる

足首まで湯を残してくれてありがとう
夜は寒いと思って足首まで湯を残してくれてたんだね

なんじゃそれ

ギブミーチョコレートか!ギブミーチョコレートなのか!?

今日は筆者が湯を張って入った
妻は忘年会らしくまだ帰ってこない

足首までの仕返しなどはしない

膝までの思いやりでふたをした。

映画「ボヘミアン・ラプソディー」 

偶然11/24、フレディ・マーキュリーの命日にボヘミアン・ラプソディーを見た
行く道中、車の中でクィーンを聞きながら夕方の上映に息子と行った
息子は筆者の影響で最初にはまった洋楽がクィーンだった
劇場は満席、客層は40代以上、クィーンをよく知る世代が多い
maxresdefault.jpg

これまで様々な伝記物映画を見たが、その中でダントツに良かった
フレディの生き様のBGMが自身のクィーンの曲のようで見ている者の胸を打つ
本編が終わり、曲が流れスタッフクレジットが長々と映されるが誰一人席を立つ者はいない

劇場が明るくなりぞろぞろ出てくる人を見れば泣いている人も散見され
中には号泣している人もいた

家に帰ってからもYouTubeでクィーンを2時間ほど見た
見過ぎてクィーンのコピーバンドまで見てしまい、思い出した
高校3年の文化祭で筆者は3曲ほどクィーンを演奏したが
当時、ボーカルを担当していたタクジって奴ほどフレディに近い歌を歌える奴を
そういえば今まで見たことがない
今日はその高校時代から一緒に付き合ってくれている東君とスタジオで一汗流す
ドラムとギターだけで遊べるのも相手に対して恥辱心を持たないからだと思う
とか考えたこともないのだが・・・さて全力でふざけに行くとするか

Autumn leaves(枯葉)

今日は朝から雨で探鳥に行けなかったので
秋らしいギターを録音してみた。
簡単であるはずなのに約20回ぐらい録り直しをした

何故か?

下手だからである

ゆっくりな曲は難しい歪みの無い音はしっかり押さえなければ下手がバレる

ギターはとても良いギターだ
grech.jpg

グレッチ6120 ブライアンセッちゃん愛用モデル
美人な同級生から預かっている

いっちょ前にトレモロアームも使ってみた
フロントピックアップは甘い音、リアはシャープな音が出る

背景画像はよく一緒に探鳥へ出掛ける所長と言う友人から全部拝借した

何故か?

筆者の写真が下手だからである

同級生のギターで所長の写真を使い
20回も録り直した Autumn leaves(枯葉) 

こんなものに倒される    

夜、家に帰るやいなや、小さく尖った物を踏んだ
直ぐにギターの弦を張り替えた時にでた弦の切りカスだと思った
ギターの弦は金属で短く切った細い弦はまるで針のようだ
踏んづけた足を床に下ろすと更に深く突き刺さる気がしたので
受け身をとってリビングの床に倒れ込んだ
「イタ~・・・」と踏んだ足の裏を見ると皿うどんの揚げ麺だった。。。
こんな物に俺は倒されたのか、と揚げ麺の勝利をたたえゴミ箱に捨てた
テーブルの上には晩御飯はこれを温めて食べなさいと
皿うどんにラップがかけてあった

麺の量と具の量が合っていない
具の量はまるでユッケの上にのっている生卵みたいなものだ
混ぜても混ぜてもパリパリしている
歯茎に刺さりそうで痛い
皿うどんを食べると歯茎から血が出ませんか?
我が家の皿うどんなら出るかもしれない

今日は朝から鳥を探しに須磨の山へ出掛けた
かれこれ30枚ぐらい撮ったのだが、全部残せないに等しい
マシな4枚を選んでみたが、ひどすぎる
collage_photocat.jpg

この先、これを見て「こんなに下手な時があったな」と思える時が来れば良いのだが・・・

神戸市立植物園紅葉狩り    

今日はと言うか、今日も所長と呼ぶ友人と探鳥と紅葉狩りへ出掛けた
場所は神戸市立植物園、平日でも結構な人が紅葉狩りに来ていた
紅葉1

まだ見頃とは言えないが、とても鮮やかで見ているうちに口が開いてしまうほどだ
多分、口を開けたままの撮影
紅葉2

植物園にはカワセミ等、人気の野鳥もたくさんいる
今日は紅葉に鳥とダブルで楽しめた♪
2018・11・08

いつも一緒に山へ行く所長と呼んでいる友人
所長

所長は一人でも平気で海や山へ出掛ける
雪のちらつく夜中にスズキを釣ったと写メールしてくる事がちょくちょくあった
スズキを釣った事もさることながら、雪の舞う夜中に一人で海で釣りをしている事に驚かされた
土砂降りの雨の日でも山へ行ったり
さんざん池の魚を触っているのに手も洗わず平気でサンドウィッチを食べたりする
噂では歯石をマイナスドライバーで削り取っていたと言われている。。。
誰も憧れないワイルドをさらりとやる漫画のような男。

今日は早朝から夕方近くまで2万歩以上山を歩き
天気も景色も良く、鳥も見れて言うことなしだった
また、いつも帰りに食べる王将のスタミナラーメンセットが実に美味い!
ラーメンブームの昨今ゆえ、王将の・・・え~?と思う人がいると思うが
空腹は最高の調味料なのだ。

淡路島でサッカー試合  

今日は淡路佐野グラウンドでサッカーの試合があった
チームは兵庫県の昭和42年生まれの集いで42会と言う
卒業以来会えた同級生もおり、また一緒にサッカーができて感動的で嬉しかった
淡路サッカー
(集合写真からブログ掲載許可を得れた方だけを切り取ってます)

試合は20分×4試合

怪我をしないように楽しくをモットーに、がコンセプトなのだが
ボールが来ると全員血が騒ぎ犬になる
最初は犬なのだが、次第にカピパラ、そしてナマケモノ、挙句の果てには透明人間になっていく

良い天気に芝のグラウンドでサッカー、本当に楽しかった

帰り道、淡路ハイウェイオアシスに寄り、バードウォッチングを2時間ほどした
ピンボケは全身が痛かったからにしておく
オアシス

全身ボロボロだったのでスーパー銭湯の強烈ジャグジーでマッサージをした
足の裏もと力を入れて足を曲げたら太ももの裏がつって唸った

久しぶりに全身を酷使して感じたことは
サッカーは楽しいという事、50歳でもまだやれる、やりたいと思った反面
昔ならできた事が段々とできなくなっているもどかしさを感じ
いつの日かまだ続けたいけど思うように動けないもどかしさ、悔しさで引退する日が
そう遠くはない未来に必ず来るんだと思うと
幸福感と寂しさが混沌とし、明石大橋を照らす夕焼けは感慨深いものがあった

神戸食べ歩き  

朝食は家で御座候とプリン、みそ汁を食べ
スタジオ待ち時間にパンとファミマのつくね団子を食べ
2時間みっちりスタジオで汗を流し
201811031.jpg

湊川で祭りがあるので地下鉄に乗って行った
昔から大好物のホルモンを5串ずつ注文したが
ドラムの東君は3串しか食べなかったので僕は7串食べた
公園では「みのりの祭典」という収穫祭が行われており
神戸牛ステーキとワインのセットを食べた
湊川公園

乳しぼり体験で東君は乳をしぼり、僕は揉んだ
乳しぼり

いつもお世話になっているライブバーで演奏しようと思い立ち寄ったけど
時間が早くて閉まっていた
東君はずっとビールが飲みたい、ビールが飲みたいという顔をしているので
餃子でビールを飲む事にした
新開地からハーバーランドまで歩き、今度はクレープが食べたくなった
「もういい加減にしなさい」と言う立場の大人が僕達なので赴くまま食べた
食べ歩き

ハーバーランドからメリケンパーク、元町、三宮と歩き電車で帰ったのだが
ポートタワー

道中の会話はコロッケや唐揚げ、スイーツ、豚まん・・・「食」に終始した

さて明日は会社を休んでサッカーの試合をするのだが
走れるのだろうか・・・

冬鳥到来  

バードウォッチングだ!思うと仕事から帰って2時間ほどしか寝れず
早朝から神戸西区の山へ探鳥へ行った

すでに冬鳥が飛来しており、前回は見れなかった鳥が見れ
前に見れたはずの鳥がもういない、季節は間違いなく進んでいた

今のバーダーに人気なのはムギマキという小鳥
肉眼では見れたが写真に収める事はできなかった
しかしジョウビダキという冬鳥が撮れた
ジョウビダキ5

メジロやエナガ、シジュウカラ、コゲラの大群に遭遇し
首が変になるほど写真を撮ったが、まともに撮れない、撮れやしない
辛うじてアオジとコゲラ
アオジ&コゲラ

枯れた雑木林の中に大きなカメラを構えて座っているお爺さんに飛び上がるほどびっくりした
枯れ木に枯れた老人は砂浜にヒラメみたいなもの、全然わからなかった

また前に豆みたいなお爺さんキースに会った、何か渋い事言ってくれるかなと
「何か撮れました?」と喋りかけたが「なんもおらん」と言うので
「ヒヨドリはいっぱいいますけどね」と言ったら無言で去っていった
そのカメラを担いで無言で去る後ろ姿はまるでキースがテレキャスターを抱えているようだった
会うたびに絶対喋りかけてやる