溺れる者は藁をもつかむ

灼熱の昼、日陰の無い信号待ちで
ふくよか、と言うかTシャツから三段腹が確認できるおばちゃんが
細いポールの日陰に体を隠そうとしていた。

溺れる者は藁をもつかむ心理なのだろう

涼しい車中から眺めていた筆者はその地面に映し出された影を見て
串団子が食べたくなったのであった。。。
danngo.jpg

映画「ハン・ソロ」を見て

映画「ハン・ソロ」を見てきた。
スターウォーズが特に好きというわけではないが
あの中に登場するキャラクターではハン・ソロが好きなので行った。

レイトショーで客は全部で4人、大ヒットか!大ヒット上映中なのか!?

内容は薄く、可もなく不可もなくだが、個人的には面白く見て良かったと強引に思っている、客4人。

チューバッカとの出会い、ハン・ソロの名前の由来
船、ファルコンをどうやって手に入れたのか等々、それらに感動はなかった、客4人。

大物、ラスボスみたいな奴と壮大に戦うわけでもないが映画はちゃんと終わる、客4人。

中でも海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」でドラゴンの母として登場する
デナーリス・ターガリエン役を演じるエミリア・クラークが冴えてた。

ゲームオブスローンズを知らない人は是非見た方が良い
薦めて見た人、全てどハマりしている。

これはエミリア・クラークが出ているとは知らずに見終わってから
あの女優が良かったな~と調べてわかったことなので先入観ではない。

一番良かったのはグッズ売り場で買ったペットボトルホルダーだった。
P1110221.jpg

ベルトに取り付けられ、キャップ部分にパチンと装着でき、これから大活躍しそうだ♪

アジング

夕方から夜にかけてアジュール舞子の海でアジングを試した。
台風の影響で涼しく、暑さは感じなかった。

夏休みの影響であちこち親子連れでサビキ釣りをしていた。
人差し指ぐらいのアジがよく釣れており子供達が嬉しそうにはしゃぎ
それを眺めていると、昔を思い出しニヤニヤして変なおっさんに思われてしまいそうだ。

まだアジのサイズが小さすぎてアタリはあるもののなかなか針にのらない
「なかなかのらんな~」と思っていた時、ついにキタ!


豆アジー・・・・
P1110222.jpg

小サバー・・・
P1110228.jpg
(血みどろだが、ちゃんと泳いで帰っていった)

数は釣れなかったが退屈ではない、それでいい
毎回持ち帰る用意をしていなかったのは正解!

仕掛けは2ℊのジグヘッド、まっすぐルアーが刺せるやつ


ルアーは透明でアジ専用、これしか試してない


ルアーで釣るにはもう少し大きくなってくると釣れやすいだろう。

それより汚れた大人達はサビキ釣りで子供を連れて行ってやって欲しいと強く思う。
アジュール舞子、大蔵海岸は手すりがあるから安全です。

野鳥もお疲れ気味

今日こそはと姫路の山奥へ探鳥に出掛けたが
連日猛暑の影響かあまり見れなかった。

それでもペンギンみたいなカワセミをゲットすることができた♪
20180727k1.jpg

山はセミだらけ、顔面にセミストライクされたり
いつの間にか袖にセミがくっついて、びっくりして飛び上がったり

行列のできる木を発見
DSCF2529.jpg

気持ち悪い・・・

4時間ほどで退散しようと駐車場へ戻った時
大きな一眼レフを三脚で構えたバーダーが二人いたので
何を狙っているのか聞こうと笑顔で近づいたら

手の平をこっちに向けて

「来るな」

の合図を可愛げのないジジィがしていたので、気を遣って引き返し

「来るな」の道を車でブーンと走行して帰ってきた。
道なんだから仕方ないのである。

イワシダイエット

二日前の火曜日に釣りのエサとしてさばいたイワシの
頭と内蔵がゴミ箱で腐ってひどい匂いだ。

食欲が一気に失せる抜群の効果がある。
牛乳さえ飲む気がしない

ゴミ収集は無情にも行ってしまった。
次は月曜日か・・・
これは痩せる!♪

P1110219.jpg

緑のジムニー

足の裏、凹んだ所、土踏まずの部分を蚊に刺された経験は誰でもあると思う。
10日ほど前、右足のそこを刺された。

車を運転していてかくにかけない。

信号待ち、ブレーキペダルを押さえる右足の土踏まずに
左手人差し指を靴の間に突っ込んでかいた。

こんな時に限って信号はすぐに青になる

走行中はかけないので我慢せざるを得ない

待望の信号待ち♪

また左人差し指を突っ込んでこれでもか!というぐらいかきむしった。

靴下の上からでは物足らず、靴下の中に指を入れてかいた。。。

引っ掛かりが良すぎて一瞬爪がペロンと裏返り、びっくしりして指を抜いた。

指先大丈夫か!?まじまじと見る
後ろの緑のジムニーに、はよ行けとばかりに「ピー!」と鳴らされ、慌てて発進

「痛いの痛いの後ろのジムニーに飛んでけ」と心が言う

間もなく土踏まずの痒みは去り、爪の痛みもすぐにジムニーに飛んで行ったのだが
その時から第一関節が痛い

それが今も地味に痛い

こんな事で大事な人差し指を痛めるとは情けない

またあの緑のジムニーに会えないものだろうか・・・

アジュール舞子でサバ釣り

夕方から40㎝級のサバを釣るべくアジュール舞子へ夜釣りに行ってきた。
P1110212.jpg
P1110213.jpg

一級ポイントはすでに入れず、ここで釣れるかな~?という場所で
釣れたらラッキーぐらいで良いか、と最初から諦め気味に・・・

更に諦めアイテム
P1110215.jpg

釣り始めて15分ぐらい経過したときだろうか・・・


飽きてきた!


角でエイを釣り上げて困っている人がいた。
となりで大きめのタコを釣っている人がいた。

我々も何か釣れるのかもしれない!と思い、5分ほど経過した時、まさにその時である。


やっぱり飽きた!


夜の海は静かでいろんな事を語らそうとするようで
ずっと喋っていて釣りは放置状態となっていた。

そろそろ片づけようとリールを巻いた時、ずっしりと重みが伝わってきたのだ。

これはデカい!デカすぎる!


地球が釣れた・・・


糸が切れて終了。。。

釣れなくても楽しい、それが釣りなのだ。

30年前にリールをもらった友人からまたリールをもらった♪
P1110217.jpg

本当に2度もありがとう

せめて当サイトで友人の会社を宣伝させてください。

看板、ネオンの事なら関西ネオン 078-861-0275
※新規開店、リニューアルなどの際は、工事の規模を問わず、お気軽にご相談下さい。
※一般家庭でも大歓迎!お気軽にお問い合わせ下さい。

オーダーの際、当サイトを見たと言えば

「あ、そう」 と言われるだけです。

セミとり

朝からセミがシャンシャンと鳴り響き、外に出るのも嫌になるのが普通なのだが
ラジオ体操が終わる頃を見計らって近所の公園をぶらついてみた。

案の定、セミだらけ・・・

子供の頃、よくセミを捕ったのを覚えている
虫かごいっぱいに入れて、翌日ほとんど死ぬの繰り返し
残酷な事を平気でやっていたと思う。

自分の子供が小さい時、セミ捕りを体験させたが、残酷な思い出にならないよう、セミは全部開放した。
クワガタ虫も捕ってきては3日~1週間経ったら元へ開放するを繰り返した。
子供はどう感じたかわからないが、自分なりに教育の一環としてやってきた。

そんな事を思い出しながら、セミを写真に撮ってみた。
アブラゼミとクマゼミ
DSCF2524.jpg

DSCF2525.jpg

写真に撮ると何となく仕留めた、と言おうか捕ったと言おうか
何となくゲット感がある。

ポケモンゴーはやったことがないけど、こんな感じなのだろうか
それならさぞや面白いだろう、しかし実写版であるカメラの方が面白いのは言うまでもない。

捕る、と撮る、言葉だけが似て非なるものなのだが
虫かごに収める事とカメラに収める事では全く非なるものでもなさろうだ。

傷付ける事のない虫捕りも面白い
デジカメでいくらでも撮り放題の昨今
昔、フィルムを現像に出していた時代では到底できなかっただろうなぁ

土用の丑

今日は絶滅危惧種認定された鰻を食べる日
夏バテ対策に絶滅危惧種認定された鰻を食べて乗り越えよう
絶滅危惧種認定カバ焼き最高!

28年ぐらい前、筆者は数え切れない数の鰻をさばき、串をうって焼いてきた。
年に一度、須磨寺で鰻供養をしてもらった。
それぐらい鰻をさばいてきたのだ。ところが今や絶滅危惧種・・・

そんな事言っても本当は大丈夫だろう、と思いたいところだが
鰻の稚魚、シラスウナギ漁をしている親戚がいて、毎年「どうですか?」と話しを聞くのだが
本当に年々捕れなくなってきており、小遣い稼ぎができないと嘆いている。

20年ほど前は「お前もバイトに来い」と言うぐらいだったが
もう撮れないから行かないぐらいのレベルになっている。

鰻は産卵から養殖ができないので稚魚を捕獲し、それを育てるしかない。
産卵はマリアナ海溝で行われ、それが日本に来た時に捕獲して養殖している。
マリアナ海溝並の水圧をかけなければ産卵をしないとなると、産卵からの養殖はほぼ無理なのだろう。

ともあれ、今日は鰻の日、子供も巣立っていなくなった我々にはどうでも良く
それすらさえ忘れていたのだが、晩御飯は「鰻」だった。。。
主婦にすれば晩御飯、何をしようかと迷わなくていいし、何より鰻って料理が楽この上ないのだ。

ありがたく絶滅危惧種認定丼を食べた。


絶滅危惧種認定丼、最高や!

思い出のリール

なんと涼しいんだろう、家の中は新しいクーラーで快適なのだ♪
ただ、ずっとつけっぱなしと言うのは如何なものかと思った。

プロバイダー業者が午前中に来る予定だったので
それまで調子の悪いリールをリペアすることにした。
リール

30年前、同級生の友人が釣具屋でリールを買った時、クジ引きをひき
1等賞が当たった、その品をくれたのである。
リールを買ってリールが当たると言う・・・リール、リール

まえだまえだか!まえだまえだなのか!?
maedamaeda.jpg

リールを分解、爪楊枝や綿棒で洗浄し、元のようにネジを止めたら、はい出来上がり♪


もっと潰れたわ!


もうなおせない、きっぱり俺には無理だ!見くびるでない、なおせると思っているのか!
数々の大物(地球)を引っ掛けてきた思い出の詰まったリールを仕方なく捨てた。

捨てる俺あれば、くれる友あると言うではないか
30年前にリールをくれた友人にメールをした

「暑いな~暑いから海で使えるベイトリール余ってない?」

と書いたら阿吽の呼吸でわかる旧友

「探しとくわ」との事♪わくわくするのである。。。

業者が帰り、昼から図書館で鳥の図鑑でも見ようとバイクで出掛けたら

The 休館日!

暑いけど出たついでだ、カメラの練習をした。
DSCF2521.jpg

DSCF2517.jpg

さっき帰ってきて捨てたリールをまた拾いハンドルを回したりした。
ずっとベイトリールはこれ1つを使ってきたので簡単には捨てられない。

ハンドルはくるくるむなしく空回り、ギアが何かに当たって音がする
クラッチレバーは押し込んだら戻ってこない。

ダメだこりゃ♪

ポイと捨てた。。。
友よ、後は任せた・・・