忘れても取りに行けない   

秋めいてから時々ドラムの東君とスタジオに入る
当然音楽スタジオなので曲をやるのだが
汗の量はスポーツジムのようだ
スタジオ20181021

50のオッサンがアホなオリジナル曲を作って悪ふざけ

昔のように頭で蛍光灯を割ってしまったり
天井にギターが突き刺さったりはしないが
2時間休憩など一切なくずっとアホな曲をやりっぱなす

先日、スタジオに歌詞を書いたノートを忘れた、下世話なエロ本よりも恥ずかしいノートだ。
きっと置いてくれていたと思うが、とても恥ずかしくて忘れたと言えない
むしろ「前、ノート忘れてませんでしたか?」と聞かれたら
「いいえ」と、たとえ目が泳ごうがバレバレでも答えようと思っていた。
結局、何も言われなかったのだが、もしかしてわかっていたけど
気持ちを察して知らないふりをしてくれたのだろうか、とさえ思う。

せめて見られた時の為に綺麗な字で書く努力をしようと
そして見られても恥ずかしくない内容を・・・

書くのは無理!

だから忘れないようにすると肝に銘じたのだった。

コメント

非公開コメント

No title

良いね👍ライブ楽しみにしています❗

No title

いやいや、今は遊んで楽しんでいるレベルですよ♪
でも気持ちはありがとう♪